シリアルナンバー077

マイ フェイバリット

Gift from fanks 思い出の曲10曲①〜⑤

f:id:yukiyosi121:20200412030033j:image

f:id:yukiyosi121:20200412030050j:image

好きな曲10曲の予定でしたが、10曲じゃ収まり切れず思い出の曲10曲にしました‼️

その曲に纏わるエピソードがある曲に絞って

なんとか10曲決めました✨✨✨

 

children of the new century 

 

1988君はここにいるひとりきり明日を見つめて

 

初めてTMのライブに行ったのは

kiss Japan tour 中野サンプラザホール

この曲が1番印象に残ってます。

Human System のアルバム一曲目で、アルバムの世界観へ誘なう水先案内人の様な曲です。

あと少し先の未来。1988から1999、そして2000年代への憧れを感じていました。

大人になった自分。いやあ…ずいぶん先まで

来ました。

Be Together 

 

揺れてる君のdancin shadow 瞳くぎづけ

 

代々木体育館のライブ、kiss japan dancing dyna-mixの一曲目。

舞台の白い幕が落ちた瞬間、頭の中が真っ白になり

体が自然とジャンプしてしまうあの感覚を

初めてこの曲で知りました。

宇都宮さん、木根さん、まっちゃん、日詰さん

四人のdanceも好き。

 

③ Fool on the planet

 

星の降る小高い丘まで今すぐに君を連れて行く

 

歌詞が何より大好き。この曲fanksはみんな好きなハズ。

音楽雑誌GBでTMの曲をモチーフにした短編小説を募集した際に大賞を受賞したのが確か

この曲だったと思う。

ホントに素人が書いたの?ってくらいに面白かった。内容は、宇宙船から地球を見てる宇宙飛行士とその恋人との話、だった様な。

今聞いても涙が確実に出てきちゃう名曲。

 

④ Time pass me by

 

淡いドレスの影が裸足でテラスに降り立ってく

 

4人目のTMと言われた作詞家の小室みつ子さん

は小説家でもあり、彼女自身が作詞したTMの曲五曲をモチーフにした著書ファイブソングス。

その中で一番好きなのがこの曲です。

TMの曲の世界観がマルっと文字で表現されててすごいなぁ、プロって…と憧れました。

みつ子さんの作詞があってのTMと言っても過言ではないと思います。

 

⑤ Human System 

 

少女は目を覚ましたひとりぼっちで鏡に話かけてる同じ毎日同じ白い顔

 

先程のTMの曲をモチーフにした短編小説募集

に私も応募してました😅

その曲がこれ。

改めて歌詞をまじまじと読みました。

みつ子さんの作詞が完璧すぎて、今思えば

私はただこの歌詞が描写している風景を

小説っぽく書いていただけだな、と気づきました。

少女と少年はこの曲の中では出会うことなく

すれ違ったまま終わる。曲調も暗いのに何故か希望が湧いてくる、不思議な曲。

一億分の一の偶然。

この言葉がきっと仄かに灯る希望の源。